オールインワン化粧品のメリットと注意点とは

オールインワン化粧品は、忙しい女性の強い味方です。

オールインワンの化粧品情報探しのサポートをいたします。

通常、基礎化粧品といえば化粧水と乳液、クリームがセットになっています。
化粧水で角質に水分を与え、乳液で角質の間にある細胞間脂質へ油分を補う事で角質の水分を逃がさないようにします。


最後にクリームで皮膚全体にバリアを張ります。

オールインワン化粧品は、一つでこれらを全てカバーする働きを持つと言われています。

オールインワンの場合、油分が肌表面に留まり、水分だけが吸収されて保湿が行われるシステムと考えればよいでしょう。
特に近年注目されているのが、人間の細胞間脂質にもともとあるセラミドという物質です。

本物のNAVERまとめに関する予備知識が満載です。

ヒト型セラミドは保湿力に優れてると考えられており、多くの化粧品にセラミドが配合されるようになってきています。


オールインワン化粧水の最大の魅力は、手間がかからないことですが、コストパフォーマンスが高く一つで一万円を切る場合もあるなど経済的なこともメリットです。



またあまり肌をこすらないことで刺激を減らせることも良い点と言えるでしょう。


しかし、オールインワンの場合、個別タイプと比べると性能は中途半端で浸透力が弱く、すぐ乾くといったデメリットもよく挙げられます。保湿時間が短いので日に何度かケアが必要になる場合もあります。オールラウンドに使えると言う事は裏を返せば個別の状況に対応しにくいとも言えます。

ご自分の悩みや肌の性質、生活スタイルを考慮して、自分に合った化粧品を選ぶ必要があるでしょう。